卓球をあわせてみると…

Pocket

卓球のことならお任せ下さい。楽天市場の通販サイト

   こんにちは!しゅんです。   本日もブログを更新していきたいと思います!   暑くなってきましたね、、暑い夏がやってきます。   夏は嫌いですが何かしら痩せようと頑張るので夏はいい影響をもたらしてくれてます笑   前回の記事であなたは「どんなプレイヤーを目指しているのか」尋ねました。   フォアハンドが強くて全部フォアで回って打球する選手なのかバックが上手で両ハンドで打球する選手なのか   自分がどのような選手になりたいかによって練習内容や方法は変わってきます。   バックが得意な選手は今の卓球界では多いですよね。   チキータで先手を取りそこからバックで両サイドに揺さぶりをかける。   典型的な張本選手が今一番バックが上手い選手だといえるでしょう。  
 あれだけ前陣で前に張り付かれてピッチの速い卓球をされればたまったものではないでしょう。   両ハンドで攻めれば隙はミドルくらいに絞られます。   最終的に穴がない卓球を目指す必要があるのであれができないこれができない。   と言っていては成長しません。   自分に苦手な分野があっても成長しようと心がける。   その練習は嫌いだけど少しの時間でいいから毎日の練習に少しずつ取り入れていく。   試合の形式でその苦手な部分を相手に攻めさせながら試合する練習方法。   そうすれば苦手なところを突かれてもシュミレーションできているので試合になってその展開になっても引く目をとらず対抗できるようになります。   それがどんな人であろうとできるようになります。   練習で苦手な部分ばかり攻められているといつの間にか苦手が強みに変わってくる時が来ます。   僕も同じような展開で攻められ箇所は決まっています。   だからこそもうやることは決まっています。そんな練習をすればいいかどんなシュミレーションをすればいいのか全て頭の中に入っています。   弱みを握られようと関係ありません。   誰にでも克服できます。何故なら人間だから。    不器用であろうとぎこちなからろうと関係ありません。   卓球台に入れば点数は自分のものです。   ナックルでも回転がかかっていなくても入って相手がミスをすれば一点   意味わからないサーブを出して相手がレシーブミスをしても一点   どんな形でも一点は一点です。   点数の取り方にこだわらない方があらゆる面で点数をとれるようになります。   明日の練習から、自分の弱みを入れた練習方法を考案して練習に励んでみてください。   では今日はこの辺でここまで読んで頂いた方本当にありがとうございます。   また次の記事で会いましょう。     

卓球のことなら今人気のオンラインショップへどうぞ

アーロンのファンミの記事がET Todayさんの記事に上がってました!!リンク貼っておきます(https://star.ettoday.net/news/1179073)(一部抜粋して簡単な訳でお届けさせて頂きます) 見出しがスゴイんですけども・・・・  「野生炎亞綸全裸」って!!!(笑) 今回のファンミーティングで400人ほど集まったようです。ボーリングやバスケ、卓球やダーツもしたの??夕食を一緒にしたって書いてあるけど(それは少なくとも1日目は違うね)。 1日目のボーリングで始球式を行ったアーロン。参加された方は記憶にあるかと思いますが、思い切り溝に転がっていきましたよね・・・。アーロンは「めっちゃ恥ずかしい。家に帰りたい」って言ったそうな。←全然聞いてなかったでも何回も転がしてるうちに上達していった、と書いてありました。それは確かにそうだね!! お部屋訪問では、お部屋を飾ったり、卓球やダーツの準備もしてた・・・(ってことはさっきの↑で書いたのはお部屋訪問の時だったのかな!?)。台湾語を練習してアーロンの前で読んで見せたり・・・みんな色々工夫されてたんですね~。他のお部屋を見に行けないからどんな様子だったのかさっぱり分からなくて・・・。   (画像お借りしております)  で、なんであんな見出しがついてるかと言うと・・・。 アーロンは日本に来るといつもその場所にある温泉に行くのが好きなんだそうです。それで日本式の温泉(=全裸で入浴)に入ってた時に、台湾の男性に見つかってしまい、「アーロンですか?」って尋ねられたそう。その瞬間すっごい恥ずかしいんだけれど、何事もなく装うことしかできなかったそうな。でも普段から身体を鍛えておいて良かったって思ったそうです。 こんなエピソードもあるんですね!!最近は台湾からの観光客も増えてますし、温泉も人気なんですね~。同性ならではのハプニング?(と言うのか?)ですよね・・・。私には体験できないことだわ!! このエピソードで「野生炎亞綸全裸」というタイトルはちょっとスゴイな~。どこら辺が野生(ワイルド)なのかな?? そしてファンミには60歳の方が参加されていたそうです。アーロンをドラマで見て好きになっちゃって。最初は年齢のこともあって、自分が参加したら笑われるじゃないかって思ってたけど、アーロンに会いたい気持ちが強くて参加されたそう。友達ができるなんて思ってなかったけれどアーロンのファンはみんな温かい方だったと書いてありました。 そうなんですよね!!アーロン迷の皆さまってホントに良い方ばかり!!それは私も思います!! だから、イベントに1人で行くのどうしよう・・・っていう理由で参加を諦めてしまったら勿体ないですよ~。(また誰に言ってるんだ?私・・・) 昨日も書いたけど、次のイベントがホントに待ちどおしいです!!アーロンにも会いたいけど、ファンミでお会いできた迷の皆さまともお会いしたーい!! そのためにもアーロンには早く来日のイベントとスケジュールを計画してもらわねばっ!!自分だけいつ来日して全裸で温泉に入って、声かけられても大丈夫なようにジムに通うのナシだよ~(笑) って、そんな理由でジムに行ってないと思うけど・・・(笑) ジムに行く時間も出来たようで良かった、良かった。 今日は友達とご飯食べに行くのでこれにて終了。

卓球レシーブ攻略プログラム

コメントは受け付けていません。